9月の「気ままにウォーキング」健康は歩くこと・・・

投稿者:ottoo02

    「気ままにウォーキング」ご参加の皆様へ 2017,9,3(No74)

 立秋も過ぎて、天候不順のまま9月を迎えました。お百姓さんに伺うと、「今年は稲は大丈夫だね、だけど野菜は駄目だね」と・・・日照不足だということです。

 8月は熱中症を考慮して屋外の行事は避け、10日に「市老連役職員および単位会長全体会議」が開催されて、県老連菅谷理事長と大藪常務理事をお招きして講演をいただきました。100万人会員増強運動に力を入れなければなりません。

 地域の高齢者の認知症予防・介護予防を推進するのは、健康な高齢者の大切なお役目になりました。健康な皆さんはますます健康で、地域で支え合って頑張りましょう。

 健康は歩くこと・・・秋の気配を感じながら、今日も元気で歩きましょう。

東金市長寿の会連合会(℡ 0475-52-2920)

 宵待草 

宵待草は竹久夢二作詞 多忠亮(おおのただすけ)作曲の歌曲です。 50年足らずの短い生涯にわたり恋多き竹久でしたが、宵を待って花を咲かせる宵待草に事寄せて実らぬ恋を憂う気持ち

が この歌を着想させたといわれています。宵待草は蜂も蟻も寝静まる夜にしか花が咲かないのでしょうね。

 

日本各地の山野でごく普通に見られ 萩と言えば山萩をさします。東京近郊で見られる萩は「宮城野萩」がほとんどです。萩の漢字は“秋”の“草(くさかんむり)”なので まさに秋の花です。

早いものは夏前から咲きだして9月ごろが見頃です。

 

オトコエシ(野郎花)

黄色に咲く女郎花(オミナエシ)にくらべ いかにも丈夫そうなのでオトコエシと命名されたようです。8~10月に咲いて日当たりのよい草地や林の中に生息する多年草です。

花言葉は 「 慎重・賢明 」 で男性的でしょうか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です