「医療と薬」研修会

投稿者:大網白里市老連広報2

8月3日 農村ふれあいセンター「やまべの郷」において本年度第1回目の「医療と薬」研修会が開催され、参加者35名がテーマである「ロコモ体操でロコモ予防」を岩沢妙子健康運動指導士から、楽しい講話を交えての「ロコモ体操と脳トレーニング」の実技指導を受けました。脳からの指令と手足の動作はチグハグで思う様に出来ない体験など、体を動かすことの大切さと痴呆症予防効果のための「脳トレ」は良い研修会でありました。なお、次回は 9月21日・・・いずみの里、3回目は11月21日・・・保健文化センター において開催されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です