月別アーカイブ: 2014年1月

屋根の上からの日の出

DCIM0236

とあるひ、南のある村では夜明けの神事がされていることを本で読んだ

それは、村一番の高い山に登って、夜明けを呼ぶ神事をどんな日でも欠かさず行うというのである

行わないと、世界中に夜明けが来ないというから大変だ

科学的には、全くありえないことだと笑い飛ばした

しかしその村の人々は、とても誇りに思い継承しているという

考えてみれば、それに近いことが身近にもある