文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
色を変更

第8回 野田市いきいきクラブ連合会 カラオケ大会

投稿日:2017年12月10日

11月29日(水)野田市文化会館において、第8回野田市いきいきクラブ連合会カラオケ大会が盛大に開催されました。各地区から選出された50人の精鋭が、日頃の喉を競い合いました。       

      (当日のプログラムは右をクリックカラオケ大会参加者)

会長挨拶
初めに大会会長の須賀田連合会会長より、県大会に出られるように頑張って下さい、そして日ごろの生活を楽しく過ごして頂きたい。それが長生きの秘訣です、と挨拶がありました。

来賓挨拶

続いて、来賓として出席頂いた、鈴木有市長と平井市議会副議長より挨拶を頂きました。

 

優勝杯の返還
前年度優勝者の「藤井光之」さんより須賀田会長に優勝杯が返還されました。

さあ、女性委員の司会によりカラオケ大会の開始です。
本戦を開始する前に、特別出演として鈴木市長が得意の喉を披露してくれました。本戦に出たら優勝間違えない見事な歌声でした。唄った曲は河島英五さんの「時代おくれ」です。

午前の部で25名、午後の部で25名とプログラムの名簿に沿って予定通り大会は進行しました。    そして、表彰式では次の方々が表彰されました。
最初は長寿の祝いとして、男女各一名の最高齢者が表彰されました。
男性は上花輪支部上花輪徳寿会の「中村秀雄」さん、87歳です。「艶歌船」を唄いました。
女性は野田支部仲町倶楽部の「冨田うめ」さん、85歳です。「送り酒」を唄いました。
 

カラオケ大会の結果

熱戦の末、出場者50名の中から勝ち抜かれたのは、次の方々です。

優勝は、川間支部尾崎永寿会の「秋葉啓治」さんで「鶴の舞橋」を唄いました。お見事。
 

準優勝は、南部支部桜台さくら会の「高崎弘義」さんで「艶歌船」を唄いました。
 

第3位は、福田支部下町シルバークラブの「青木 正」さんで「別れの一本杉」を唄いました。
                                        以上、上位3名の方が、千葉県大会に出場することが決まりました。おめでとうございます。

特別賞は、次の7名の方が選出されました。
    

左より戸辺恵子さん、小林長二郎さん、小野寺勝彦さん、中澤弘美さん

   

左より小暮正男さん、中山 昇さん、鈴木義雄さん

敢闘賞は、次の2名の方です。
 
須賀 忠さん         上原美佐子さん

カラオケ披露

審査員が別室で審査を続けている間に、前年度優勝者、準優勝者、第3位の3人による模範演技が披露されました
  
左より前年度優勝の「藤井光之」さん、準優勝の「利根川テル子」さん、第3位の「野嶋幸光」さん

今大会で残念ながら入賞することができなかった方も、思い思いに熱唱し観客から惜しみない拍手を頂いておりました。
皆さん、お疲れ様でした。

審査の結果については、審査委員長の野田市社会福祉協議会常務理事の小林様より、皆さん上手で甲乙つけがたかったと講評がありました。

時間の配分も上手く進行し、予定通り終了することができました。
来年もまた頑張って下さい。

 

 

2018年 1月20日(土)
明日

曇時々晴
11℃/3℃

  • PDFファイルを閲覧するためには上記バナーからソフトのダウンロードが必要です。 インストールの手順はこちらからご確認ください。