ちはら台シニアクラブ連合会)道路の危険個所を抽出!

投稿者:だいちゃんA

ちはら台シニアクラブ連合会(市原市)では、交通安全指導部が中心となり高齢者の視点から、「地区内道路の危険個所」を調査してきました。そして、7月12日、市)都市部交通政策課に調査結果を報告し、関連部署(市、警察)との対応や対策をお願いしました。

ちはら台地区から22箇所の危険個所を抽出し、最終的には6箇所に絞り込み、それぞれに改善策を織り込んで具体的に提案したものです。

例えば、「地区内に歩車分離交差点」が1箇所ありますが、スクランブル交差点と勘違いされたり、運転者への注意喚起が十分ではない事や「信号機のない丁字路」での改善事項のお願いなどです。また、生活道路としての「バリアフリー対策」も重要です。 

今後、「我がちはら台にまさかこんな所?」(仮称)として、ちはら台ケーブルテレビで放映を予定しています。

EPSON MFP image

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です